fc2ブログ
Wed.

天使か悪魔か

今日は午前中、
娘の小学校の「音楽会」があったので行って来ました。
一年生は歌と鍵盤ハーモニカと台詞を織り交ぜた舞台で
みんな一生懸命。とても可愛かったです。
歌声はまさに「天使」
癒されました~。


しかし


ホッと安らいだのも束の間。
帰宅後(娘はまだ学校)部屋を片付けていたら
数日前、我が子より無言で手渡された手紙がでてきて
和やかな心情は一変。

chousenjou2

「がんばったねっ くらいいってよね。
 きょう ぴあのでいっかいも ほめことばいってないよね?
 むかつくんですけど」


ちょいまち!(怒り再熱フツフツ)
ピアノの練習ごときで
いちいちお褒めの言葉を授けよと??
何を期待しているんだ君は!
誰の為の練習だ!
てか、
こっちがムカツクんですけどー!

嗚呼、
数時間前、虫も殺さぬ顔で歌っていた奴と
同一人物とは思えない文面である。

さらにもう一枚。

chousenjou

「うるみさまに ひれふさないのなら、
 たたかいをいどむべし
 うるみさまより」
 

「さま」ってホント、何様?
「ひれふす」って、あーたっ
これは悪魔からの挑戦状だっ




本日の悟り。

「子供は天使か悪魔か?」

おそらくその両方である。
よっていつ何時も油断は成らぬ。
心して接せよ。

14:23 | 悟り | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Fri.

師匠の唱える「心得」

本日は
この半年ほどの間
ウルミンお師匠はんがまた
いくつかの「悟り」を開きましたので
久しぶりに皆さんに伝授いたしましょう。

おっしょはんが
これらの「悟り」をどこでどのようにして得、
修練されたかは定かではありませんが
非常に為になる訓示でもありますので
どうぞあなた様の心にもお留め置き下さいますよう







ある時リビングで「しまじろう」のCDを流しておりました。。。

ママ:「あんまりこの曲、よーないわ・・・

師匠:「なんでそんな事を言うのん?
    作った人に失礼やろっ!」


悟り
その一「失礼の心得」 労力には敬意を示すべし


****************************************


師匠:「このズボン、小さなったな・・・ホラ」
ママ:「ほんまやね~」
師匠:「ウルの子供にとっといてー」
ママ:「(えらい先の話しやな・・・)わかった。」
師匠:「でも、最後にもういっぺんだけはかせてー」
ママ:「え~、でもちょんちょんやん���G

師匠:「・・・・形にこだわらないでっ!!
悟り
その二「別れの心得」 別れの際には形にこだわらざるべし


****************************************



師匠:「おなかをまっすぐにして、おなかに力を入れて座る。
    立つときは、足の指先に力をいれて、まっすぐ立つ



悟り
その三「茶道の心得」 って、ホンマどっから仕入れたん?勉強になるわ


****************************************



ママ:「ゴホン ゴホン

師匠:「手ぇー!」←(口に手をあてろの意)

ママ:「あっ、ごめんごめん」(慌てて手をあてる)

師匠:「今頃やってどないすんねん

ママ:「�G���������͂��Ă�������きびしーーー


悟り
その四 まさに!「日頃の心得」
咳をするときは口に手を当てる だたし、咳をしてからでは遅い


****************************************

さて、ここまで
「失礼の心得」
「別れの心得」
「茶道の心得」
「日頃の心得」と
まいりましたが
最後は師匠ならではの洞察力でもって探究された
「人としての心得」
ご紹介させていただきます。



続きを読む
14:28 | 悟り | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Fri.

みずぼうそう

でしたっ%8A%BE%81G


高熱が続いたので、てっきりこりゃインフルエンザだっ
予防接種受けたのに無駄金か!(冷笑
と思っていたのですが
不意打ちを食らいましたー!!

最初は軽い発疹でお医者さんも
?メイビーMizubousou?な感じだったのですが
2日目くらいに“らしく”なってきました。

それにしても
なつかしいな~ミズボウソウ。
私は小学生時代にやりました。
少女なりに醜い体を見て憂鬱になった事を覚えています。
案の定ウルミンも

「こんな からだ。ナギ(彼氏)には見せたくない」

と申しておりました。
4才といえども 乙女なのですね・・・・

というわけで
現在発疹もかさぶた状態になり、熱も下がってピンピン
今日から保育園復帰です。

しかしこの一週間は親子共につらかった~。
隔離状態ですからね。(伝染病だし)
仕事の合間はなんとか実家に預かってもらえたからよかったものの
成人の水疱瘡はかなりきついらしくて
祖父母への影響も懸念しつつ
感染の恐怖に脅える一週間でもありました。

しかし熱が下がれば当事者は発疹しようがしまいが元気そのもの。
遊び相手(=ママ)を独り占め出来るとあって
傍若無人の振る舞いです。

実家からパチってきた万歩計を片手に
ドッスン、ドッスン  室内エクササイズ?
(うち、マンションなんですけど・・・)
(万歩計を常備する保育園児ってどうよ?)

さらに暇をもてあます彼女を見かねて
「積み木でもする?」と提案した私が悪かった

「そうね~。じゃあまず、わたし、設計図書くわー!」
とな。

積み木の「設計図」。

こりゃ、かなり本格的や。

風呂掃除をしながらその場しのぎの提案をした郁ママは
身構えました。
設計図ありきの積み木

文系の親としては我が子の理数系の才能を伸ばす
またとないチャンスです。

そして風呂掃除の間 引き延ばした時間中に出来上がった設計図が
コレ

設計図


(どうみても文系・・・%81I%81H

日本語らしき注釈には

「さんたさんは かんがるーとおしゃべりしていました」
とある。。。。。

平面図を立体に構築する脳の柔軟性を求められるだけでなく
サンタとカンガルー(トナカイではない)の親睦を
積み木で表現せよ。ってか。


わかった。

そのイマジネーションにはイマジネーションで答えよう。


積み木の完成

ウルミン&イクコ合作「サンタとカンガルーの親睦」
(どこが?)

まあ、まあ
イマジネーションですから。

設計図とは足し算引き算で成り立つ物とは限らないです。
例えば人生の設計図。
みなさんはどんな風に描きますか?
雪国のサンタさんが意外に南国のカンガルーと出会う事も
あるかもしれませんよね。
物理学のノーベル賞受賞者にもイマジネーションは欠かせないのです。
ありきたりのセオリーに乗っ取っていては未知たる発見は叶わないのです!
ビバ!Imagination!


ヒマヒマのみずぼうそう週間に得た
悟りでございます。














19:50 | 悟り | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Fri.

Yes We Can !

朝青龍・・・・強いですね。

相撲の事はよくわかりませんが
これが横綱の底力というものなのでしょうか。
先輩舞の海さんへの暴言は気分が悪かったけれど
やんちゃなりに やるときゃやるのですね。
これほど逆風がふくなかでの成績ですから
やはり凄いなーと、認めざるを得ませんね。

朝青龍の大ファンであるウルミンが
スポーツダイジェストでヤンヤやんや応援しているのを横目で見ながら
この強さはなんなんだろうと 考えてみました。

横綱の意地。
反骨精神。
自信からくる強気。

特に勝負事には強気が大事ですよね。
ところがこの「強気」というのはなかなかデリケートなもので
自信の伴わない強気はもろいです。
結局、空威張りや虚勢を張って終わってしまう。。。。

その点、横綱の白星は自信を伴った勝利なのではないでしょうか。
周りがなんと言おうと「俺は出来る。やってやる。」みたいな。

私などは空威張りすら怖くて出来ないタイプなので
強気とはあまり縁のない人生を送っておりますが
それでも、自信を得るまでの我慢だ。
いつか自信がついたら強気に出よう。
その時はもう誰も文句はいわせんぞ!

などと一丁前に目標を立てているのですから 笑えます。

例えば仕事にせよ育児にせよ
タイムや成績表で評価が現れれば
自信も見え隠れするのでは?と思うのですが
きっとそれは評価が数字で表れるような仕事に就いていない者の
浅知恵ですね。

自信とは自分の内側で感じなければ意味がないのかも。
他人がどう言おうと揺るがない自分だけの自信。。。

でも自分で自分を自信づけるというのも至難の業ですよね。
昔、キングレコードとの契約が切れて次のメーカーに決まるまでの期間、
ただひたすら曲を作っていた日々があったのですが、あの日々はちょっとつらかったです。
自分ではいい曲に仕上がったと思っていても、誰も評価してくれる人がいなかったので
落ち込んでいく自信をなんとか持ち上げるのに苦労しました。
人は自己評価だけでは頼りなくて、どうしても他人の評価に基準を合わせたり
してしまうのですよね。

う~ん。他人に振り回されたくなければやはり
ちっぽけな自信をコツコツと積み上げていくしかないのかな。。。。


あらあら
なんか今日は朝青龍から
とりとめのない話しになってしまいましたね


これも不況のせい?
不安と弱気が忍び寄っておるぞ!
いかん、いかん。

オバマさんの「Yes! we can!」を内なる声で唱えよう。

Yes! we can! Yes! we can! Yes! we can!



PS:今日得たちっぽけな自信↓
      
      苦手な納豆をウルミンの健康のために「めっちゃ、おいしいやん!!」と言って
      ぱくぱく食べた。

      やれば、出来るやん。郁子!


      Yes! we can!












05:34 | 悟り | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Sat.

自由

いかがお過ごしですか?

あれよあれよという間にすっかり秋も本番。

結局コロコロちゃんは開放してあげ、(子孫繁栄の為)
実りの秋を迎えたベランダにも
レモンの実が実りました。

レモン


さらに今週は芸術の秋も堪能。

共作

ウルミンと郁ママの共作  タイトル「楽しいまち」

いつの間にかウルミンも「人間」を描けるようになっていて
ちょっぴり感動しました。

感動と言えば・・・


昨日、家で番組の仕込み中ずっとほったらかしにされていたウルミン。
一段落して様子を見に行くと、壁際に向かってベッドに寝転がっていました。
とうとうふて腐れて寝てしまったのかなと思い、
恐る恐る声をかけてみたら
起きてるよー」の返事。

何してるの?と聞くと

考え事しててん
(あんたは幾つや?)

何を?と聞くと

ママを自由にさせてあげたいな~と思って。。。。。


%A4%E5%A6r%A6W%C7y%A4J%A4O%C6%C7M%C6G%C6
ええ~~!何それー! なんだか感動的な展開になりそな予感。
自由ってー?  それって、どういう事ぉー!?



つまりウルミン曰く・・・

「お料理をしなくてもいいように。お手伝いさんがお料理作ってくれたりするってこと。」
だそうで、その後の「考え事」をかいつまんで解説すると
そのためにはお金がいるからママはお仕事をいっぱいしないとあかんから
がんばって潤美も保育園に行かなあかんなー。
という。。。
まさに理にかなった「ママを自由にさせてあげたい」構想だったわけであります。

思わず駆け寄り、羽交い締めハグをしたことは 言うまでもありません。

なんやなんや~、わかってんねんやん、自分。
えらいな~。ホンマに偉い子やで。
遊んでもらえへん欲求不満を ママへの思いやりに転換するなんてな~
すごいすごい。ママもうめっちゃ感動したわ~!

%A4%E5%A6r%A6W%C7y%A4J%A4O%C6%C7M%C6G%C6%A4%E5%A6r%A6W%C7y%A4J%A4O%C6%C7M%C6G%C6%A4%E5%A6r%A6W%C7y%A4J%A4O%C6%C7M%C6G%C6%A4%E5%A6r%A6W%C7y%A4J%A4O%C6%C7M%C6G%C6%A4%E5%A6r%A6W%C7y%A4J%A4O%C6%C7M%C6G%C6%A4%E5%A6r%A6W%C7y%A4J%A4O%C6%C7M%C6G%C6%A4%E5%A6r%A6W%C7y%A4J%A4O%C6%C7M%C6G%C6

ってな感じで。



しかし・・・

料理するのがそんなに苦痛に見えているのだろうか。
いや、違う。
きっと食事の準備と後片づけ、この時間はぜったい自分の相手をしてもらえないから
料理にママを束縛されてるように見えるのかもしれません。
料理作る時間があったら遊んでよーという訴えなのかも。

彼女が生まれてこのかた、よっぽどの事がない限り家で食事を作って来たけれど
たまには店屋物でもいいかな。外食もいいかな。
子育ては、がんばりすぎもあかんのやね。
それがかえって子供の負担になる事もあるんやな~。
そう思える出来事でもありましたー。



15:14 | 悟り | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑