fc2ブログ
Tue.

語録も向上

久しぶりにウルミン語録です。
けっこうたまってきたので一挙公開!
どうぞお楽しみ下さ~い







シーン1 夕食時:
いつものようにポロポロ食べこぼすので軽~く注意いたしますと・・・




「人間だって こぼす事も あるやろ!!
(キ・・キレタ






シーン2 風呂上がり:
裸のままウロウロして、なかなか寝間着に着替えないので
「ゴォルラ~!」と一喝しますと
ネイティブのまま=すっぽんぽんでいきなり土下座。
深々と頭を下げて・・・・・



「たいへん申しわけございませんでした!」
(いえいえこちらこそ・・・ってか篤姫の見過ぎー!)






シーン3 宅配編:

ピンポーン 宅配便でーす

郁:「はーい」  
ハンコを持ってタッタッタッ

その後を追ってウルミンも
「はいはーい (タッタッタッ) 子供 いまーす!!」







なんのアピール?
注意事項?







シーン4 ひとり遊び編:

「ダメ。 今キスはダメですわ。 %8DD%82%AB   わたしにはしゅじんがいますの」


(ぁ・・・sc06 決して私の影響ではございません)

ちなみにウルミンはひとりで遊んでいるときはいつも一人芝居をします。
この時は確かお人形の着せ替えをしていたと思うのですが
手元とセリフのギャップがすごくて一瞬ママはたじろぎました。

ご存知でしょうが確認のため。
潤美は4才です。





さて、まだあるんですけど~今日はタイムリミット。
後日また続編やりますね~
おたのしみに~
08:58 | ウルミン語録 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Sat.

自由

いかがお過ごしですか?

あれよあれよという間にすっかり秋も本番。

結局コロコロちゃんは開放してあげ、(子孫繁栄の為)
実りの秋を迎えたベランダにも
レモンの実が実りました。

レモン


さらに今週は芸術の秋も堪能。

共作

ウルミンと郁ママの共作  タイトル「楽しいまち」

いつの間にかウルミンも「人間」を描けるようになっていて
ちょっぴり感動しました。

感動と言えば・・・


昨日、家で番組の仕込み中ずっとほったらかしにされていたウルミン。
一段落して様子を見に行くと、壁際に向かってベッドに寝転がっていました。
とうとうふて腐れて寝てしまったのかなと思い、
恐る恐る声をかけてみたら
起きてるよー」の返事。

何してるの?と聞くと

考え事しててん
(あんたは幾つや?)

何を?と聞くと

ママを自由にさせてあげたいな~と思って。。。。。


%A4%E5%A6r%A6W%C7y%A4J%A4O%C6%C7M%C6G%C6
ええ~~!何それー! なんだか感動的な展開になりそな予感。
自由ってー?  それって、どういう事ぉー!?



つまりウルミン曰く・・・

「お料理をしなくてもいいように。お手伝いさんがお料理作ってくれたりするってこと。」
だそうで、その後の「考え事」をかいつまんで解説すると
そのためにはお金がいるからママはお仕事をいっぱいしないとあかんから
がんばって潤美も保育園に行かなあかんなー。
という。。。
まさに理にかなった「ママを自由にさせてあげたい」構想だったわけであります。

思わず駆け寄り、羽交い締めハグをしたことは 言うまでもありません。

なんやなんや~、わかってんねんやん、自分。
えらいな~。ホンマに偉い子やで。
遊んでもらえへん欲求不満を ママへの思いやりに転換するなんてな~
すごいすごい。ママもうめっちゃ感動したわ~!

%A4%E5%A6r%A6W%C7y%A4J%A4O%C6%C7M%C6G%C6%A4%E5%A6r%A6W%C7y%A4J%A4O%C6%C7M%C6G%C6%A4%E5%A6r%A6W%C7y%A4J%A4O%C6%C7M%C6G%C6%A4%E5%A6r%A6W%C7y%A4J%A4O%C6%C7M%C6G%C6%A4%E5%A6r%A6W%C7y%A4J%A4O%C6%C7M%C6G%C6%A4%E5%A6r%A6W%C7y%A4J%A4O%C6%C7M%C6G%C6%A4%E5%A6r%A6W%C7y%A4J%A4O%C6%C7M%C6G%C6

ってな感じで。



しかし・・・

料理するのがそんなに苦痛に見えているのだろうか。
いや、違う。
きっと食事の準備と後片づけ、この時間はぜったい自分の相手をしてもらえないから
料理にママを束縛されてるように見えるのかもしれません。
料理作る時間があったら遊んでよーという訴えなのかも。

彼女が生まれてこのかた、よっぽどの事がない限り家で食事を作って来たけれど
たまには店屋物でもいいかな。外食もいいかな。
子育ては、がんばりすぎもあかんのやね。
それがかえって子供の負担になる事もあるんやな~。
そう思える出来事でもありましたー。



15:14 | 悟り | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Thu.

自転車~乗ってます/載ってます

今月号の「京都CF」に私のインタビュー記事が載りました~。
ぜひ、手にとってご覧下さーい!
京都CF

詳しくはこちら→Hidamari~news letterへ



ところでみなさん、自転車・・・乗ってますか?
ってか、乗り方覚えてますかー

私は相変わらず活用してます。
最近ウルミンも買いました(コマつき自転車)
で、先日初試乗して半泣きになってましたー。
つまり・・・・

上りは脚力不足でズルズル後退。
下りは握力不足でブレーキが効かず猪突猛進!!

%8A%BE%81G

まあ、「世の中、平坦な道ばかりではない」
という事を身をもって知った事でしょう。

それにしても体力ね~な~。。。。
学生の頃の私はスポーツ万能だったのに。
かけっこも常に一番だった。
それに比べ我が子はいったいどうしたものだろう。
来月に迫る運動会のリハーサルも
話題そのものを避けようとしている。

イク:「ね~今日のかけっこの練習、どうやった?」

ウル:「へ?  まあまあやな」

イク:「あはっ かけっこにまぁーまぁーはないわ」

ウル:「あ~ん。。。3番やな。1番ちゃうで。3番!」

イク:「ええやん。ぜんぜんえーやん。上出来や。 
        あともうちょっと頑張ればええねん。
        で、何人くらいで走るん?」

ウル:「あんまり沢山とちゃうで。え~っと。
           いち・・にぃ・・・ 3人やな」

 & %83K%81%5B%83%93

という次第でありまして。。。

鍛えねばっ。
まずは自転車で!!

これからますます動きやすい気候になってくるしね。
それに自転車は身体にもいいしエコにもいい!

そうそう、今週のC'sでもエコな話題をお送りしますよ~。
題して「エコ通勤」。

お楽しみに~
18:10 | お知らせ~ | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Fri.

かわいい~!

って言われて喜ぶ歳でもないのですが。
やっぱり「かわいい~」と言われると嬉しいです。

ヘアースタイルをちょっと変えました。
前髪をストレートにしただけです。
なのに途端、10代の若者に大人気!!

「きゃ~先生かわいい~~~」(女子)
「先生、・・・・かわいいですね~」(男子)
「あれ??  先生。。。。かわいいっすね。」(男子)(心を込めて)
「先生・・・
もうええか。

とにかく
半径1メートル以外からの感想はすこぶる良好。
見向きもしてくれない大人なんて
この際こっちも無視して
子供達の感想を素直に受け止める事にしました。

ふふ。イケテルんやな。私って。。。

という事で、自信満々に自分を激写、
ブログにアップしようと意気込んだのですが。
何度撮っても
「?」
「??」
「???」
可愛いか?コレ?
どこが?
どんな風に?

冷静になればなるほど
気持ちが萎える被写体→つまり→私。

なので今日は自画像でごかんべん。
new hairstyle


まあ、おおむね、こんな感じですわ。98666

ちなみに4才児(ウルミン)にも念のため聞いてみたのですが
「チョー かわいいで。」
と言ってくれたので
実際のところ、そうなんだと思います

まあ、外見はともかく
いくつになっても「かわいい」と言われる女ではいたいですね~。

うちの祖母はとってもかわいい人でした。
いつも抱きしめたくなる程かわいいおばあちゃんでした。
「かわいい」=「愛しい」

誰かの愛しい人になれるよう、
素直な心も磨かねばっ!

目指せ かわいいおばあちゃん!



12:12 | お知らせ~ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Fri.

ペット

我が家にペットがやってきましたー。

こおろぎ

そこらへんで見つけた・・・コオロギ?
ですよね・・・?
鈴虫じゃないですよね?
キリギリスってどんなの?

とにかく我が家にやってきた初ペットでーす!
「コロコロちゃん」(潤美命名)と言います。
お見知りおきを!

ただ、
虫なんてこれまで飼った記憶がないです。
だから正直、どうしていいのかわかりません。
虫かごもまだ調達してなくて
こんな所に仮住まいさせてます。

掘っ建て小屋
無印の鉛筆立て。
(右半分の使い道はいかに?)

エサは・・・なんとなくキュウリっぽかったので
キュウリを入れてやると、しっかりかじってウンチもしていたので
一安心です。

ところがっ

秋の夜長に期待していた鳴き声。
これがいっこうに聞こえてきませぬ。
うんともすんとも。

鳴かないコオロギもいるのかな?
雌は鳴かないとか・・・。
そんな疑問を抱きつつ観察してますと
なにやら羽のようなものが落ちている。

どうやら掘建て小屋に入れる際
少々格闘しまして、その時にちぎれてしまった様です。

コオロギは羽をこすり合わせて鳴くのですよね~。
ああ、可哀想な事をしてしまいました。
オマエは晴れの舞台で脚光を浴びることもなく
人生を終えてしまうのか。
それより
鳴かないコオロギを飼う意味があるのか?

そんな哀愁と葛藤を抱きながら
コロコロちゃんの耳元で
私は歌ってやるのでした。

歌を忘れたコ~ロギは~♪
後ろの山に捨てましょか ~♪
いえいえ、それはなりませぬ~♪


という事で
コロコロちゃんから学んだ教訓:

~大事なものはデリケートに扱おう~

16:43 | めぐりあい | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑