fc2ブログ
Wed.

家出

よくある親子喧嘩。
その風景も子の成長とともに様変わりするものですね。

これまでは喧嘩と言っても親と子の力関係は歴然で
言いくるめてギャフンと言わす事など朝飯前。
親に向かってたてつくなんて100年早いわっ と、
上から目線を貫けたもんですが・・・

最近どうも違う。

なんというか、
対等にやりあう構えを見せよる

パンチやキックでこられるのも困りますが
そこは女の子、まずは言葉で応戦し、
歯が立たないと悟ると次は心理作戦にでるわけですね~。

先日もバトルを交わした直後の事。
冷戦状態の沈黙のさなか
スタスタと玄関に向かう我が子の姿をキャッチ。
様子をうかがっているとどうやら靴をはいている。

ちっ、もう!

悔しいと思いながらも後を追って聞いてみる聞いてやる。
「何してんの

すると、くっと固く結んだ口を 決意を込めて開き、
キッパリハッキリ

家出


とな。




くぅ~~~。
それって私の脅し作戦の再利用かい?



わかった。
ならば、こちらも言わせてもらう。


「家出」の意味、わかってる?
可哀想な家なき子とはわけがちゃうんやで。
庇護された環境を自ら断ち切って出て行くという事やねんで。
そもそも「家出」なんて

小1が軽々しく言う言葉ではナーイ!!


それほどの決意があるのならば
私も決意をもって言おうではないか。

その扉を開け、
一歩でも外に踏み出したら
もう二度と・・・


帰ってくるでない






もちろん、相手は折れました。


しかし、冒頭にも書きましたが親子喧嘩の様変わり。
一番変わった事は、喧嘩にせよ叱るにせよ
親の決意が伴うようになったという事でしょうか。
たとえ脅しでも、それなりに脅す覚悟が必要になってきました~



ところでこれは余談ですが、

続きを読む
13:40 | はぐくみあい | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Fri.

早起きは三文の徳

今日秋分の日を迎え、
暦通り秋がやってきましたね。

今、秋の虫の音色を聞きながら長袖を羽織って
これを書いています。

明日の番組の仕込みも終わり
実家に預けているウルミンと合流するまでの
穏やかなひととき~。


さて、
先日まだ台風が過ぎたばかりの暑かった日、
親友に誘われて早朝、伏見の桃山御陵に行ってきました。

「この 清澄な空気を知らなければ、人生損するよ」

と、言われて。


momoyamagoryo


どこまでも続く杉並木。
小鳥のさえずりと砂利の軋む音以外は
何も聞こえない、何にも惑わされない静寂。

仰る通り、人生得した気分で小1時間
ウォーキングを楽しみました。

途中、明治天皇のお墓に一礼し
meijitennou

ぐるっと回って大階段を平然を装ってのぼり
daikaidan


伏見桃山城へ。

momoyamajyo

豊臣秀吉晩年の居城。

すぐ側に運動公園があるからか
早朝にもかかわらず城内の脇道を
スポーツバック背負った少年達がスタスタと歩いていました。

こういう新旧交えた風景に出会う時、
最も歴史を感じます。

そしてそんな風景が京都には至る所にあるのですね。


たった1時間だったけど
てくてくと歩きながら
前の晩友達と飲んで語り合った事を思い返したり
これまでの事、これからの事に思いを巡らせ
色んな事を冷静に穏やかに自分の心に沈着させる事が出来ました。


誘ってくれた友人に感謝。


前向きにマインドチェンジするには
やはり朝が一番ですね。


早起きは三文の徳、
過ごしやすいこのシーズンに大いに実践したいです。



21:28 | めぐりあい | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Fri.

コレクション

夏がまだ頑固に居座る中

「ママ、絶対誰にもいうたらアカンで」

と、ウルミンに手を引かれ連れてこられたのが
マンションの共用サロン。
そこはちょっとしたテーブルセットや本棚があって
普段待合いに使われたり、
学校帰りの子供達が宿題をひろげたりするスペースになっているのですが、

その一角を指差して言うのです。

「◯◯ちゃんがな、集めてんねん。内緒にしといてや。」




何?

消火器?





ka



「ちゃうちゃう!」












蚊?





これまたレアなコレクションやな・・・




15:05 | 目撃!! | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Thu.

バトルに興奮!

ポケモンバトルは何が面白いのか
さっぱりわかりませんが、
このバトルは大人も釘付けになりました。


最近ウルミンが通いだしたヒップホップダンス。
今週大阪南のとあるクラブでイベントがあり、
親子で参加してきました。

本格DJがサラを回す中、教室の5チームが各々のダンスを披露。
真昼とは言えミラーボールもまわり、クラブの雰囲気バッチリ

そして、いよいよダンスバトル。

こういったバトル形式でダンスをするってのは
この世界では通常なんでしょうか?
なんせ親子共に初めての経験だったので
何が起こるのか?固唾をのんで見守っておりました。

事前に参加者を募り、
トーナメント形式で行われるバトル。
登場したのは一対一の真剣勝負に臨む勇士達。
(奥は審査員)

battle2

相手を威嚇し、



battle1

得意技をけしかけ、



battle3

あおる!


凄いですよ。
持ち時間は30~40秒ですが、アドリブですもん!
ミュージシャンやDJさんならわかると思いますが、
引出しにネタがいくつもなければ出来ませんて。
初見でダンスを組み立てる瞬時の構成力もいります。

いやはや、このダンスバトル。
子の育成にも非常に有意義であると感じました。

体を張った勝負であるのに
相手の体には一切触れず
技と気迫と頭の回転のみで戦い
勝負が終われば清く固い握手。

すばらしい!
競争心をこういう形で育てられたらいいよな~。


実はヒップホップダンスって
ちょっとちゃらいイメージがあったんですよね。
体が固いという理由でクラシックバレーを断念し、
こちらを体験させたら本人がはまったようなので
7月から通わせているんですが、
どうなんだろう?なんて思いながら。。

でも、このバトルを見て、
子供達の真剣なまなざしを見て、
見直しましたー。

新人のウルミンはまだまだ
ステップをこなすだけでも必死な状態ですが、
いつか固唾をのむ真剣バトルを見せてくれる日がくるでしょうか?
その頃にはポケモンバトルも卒業だな。
楽しみです。


最後に・・・

先生方のダンスもこれまた
かっこいかった

senseidance


熟達するとどんどんアクロバチックになっていくんですね~。


この歳になってもまだまだ
知らない世界に興奮する事があると知った1日でした。

14:09 | はぐくみあい | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Sat.

幸福の絶頂を体験して・・・

何件かお問い合わせを頂いたので、
今朝わたくしが体験した幸福の絶頂の詳細をお伝えします。
以下、台風渦中お暇な方は一読をば。





知り合って間もない私達は
私達とは、もちろん「わたし」と「福山雅治」さんです)
婚前旅行に来ていました。

彼の過密スケジュールの合間をぬっての極秘旅行。
小高い丘の上からながめる異国の摩天楼は
刻一刻とオレンジに染まり

「綺麗だね」

「ほんと、きれい・・・」


言葉少なげに同じ価値観を共有するひととき。


寝転んだ草原の青い香りに包まれながら
ふと見る彼の横顔はどこまでも穏やかで
遠くを見つめるその瞳の奥には
覚悟を決めた後のような清々しさと
行き着く場所に到達した安堵感のようなものさえ
感じられるのでした。


プロポーズの言葉さえないけれど、

「ああ、私、この人と一緒になるんだ・・・」

その確信の、ゆらぎないオーラが身も心も覆い尽くしたとき







目覚めました。








何?欲求不満てか?



なんとでもおっしゃって下さって結構ー!
実は今わたしね、
目覚めたと思ったこの世が夢で
あの夢が現実なのではないかと、
真剣に疑っています。


それほどまでにリアルで(草の香りまでしっかり覚えてるもんね)
彼の心のヒダの隅々が、手に取る様にわかる。
(わたし、わかってるからね~福山く~ん

いや、たとえ夢であってもいい。
未だかつてない幸福の絶頂を一瞬味わえただけでも
ものすご~~~く価値ある夢だった!

(その昔、オシャレなバーでイチローに口説かれるという
 夢を見たが、今回はそれを遥かに上回るレベル違いのハピネス)



今日番組中、夢を思い出す度ニンマリする私を見て
「いくさん、お酒の話する時とおんなじ顔になってますやん」
とスタッフが言っていたが、

夢に酔いしれるという事、あるんだな。

結局、夢で幸せになれる私はやっぱり
幸せなんだと思う。。。


15:40 | まじですかー? | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Fri.

紡ぐ

台風、心配ですね。。。
明日、明後日と仕事を含め色々と行事もあるので
ヤキモキします

とりあえず土曜日、予定通り電車が動いてくれる事を祈りつつ・・・
ベランダの転がりそうなもの~
(如雨露だとかハンガーだとかランタンだとか)を片付けていたら

発見!!

suika


いつの間に?

ここ数日水やりはウルミンにまかしていたので気付きませんでした。

そう、まさしくこれは
スイカの芽!


はやっ!



ブログの更新が追いついてないぞ

それにしても凄い生命力。

特別な肥料を与えた訳でもなく
前の住人(何の花だったかいな?)が立ち退いた後の
貧相な土壌なのに
なんともたくましや、スイカの種。

こりゃ簡単に育ちそうなので
お子様のいるご家庭は来年度夏の自由研究にいかがでしょうか
スイカを食べて、ぺっ とした種を プイっと土に突っ込むだけ


命を紡ぐ楽しさを教えてくれたスイカの種。
今度は実がなるのが待ち遠しいです。



あら?

あなたもせっせと紡いでますね~
しかも原始的な手法で・・・


tumugu

「つむぐ少女」


なんでもかんでも三つ編みにするのが楽しいお年頃。
しかし足を駆使する手法は教えた覚えがありません。
「毛糸を貸して」というので渡すと
次の瞬間もう、こうなってました。
きっと内なる原始が目覚めたのでしょう。

え~よ、え~よ。

知恵を紡いで
大きくな~れ










00:28 | はぐくみあい | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑