fc2ブログ
Mon.

つまり、そこか。

「これ、だれ?」



用があって、
15年程前の写真をPCに取り込んでいた時の事。

「ママやけど・・・・」



そこで、
間髪を入れずに言われたショッキングなひとこと。
   
       








「今すぐエステに行って!」



 



ショックと共に理不尽な怒りが沸き起こり、
思わず口走った私のひとこと
 
      
  






「エステで何もかも解決すると思たら大間違いやで



以下、母娘のくだらぬ会話



u.k「へ~。エステ行った事あるん?」

i.k「そら、あるよ。」
 (韓国の垢擦りって一応エステやんね?)

u.k「なんで今行けへんの?」

i.k「だ、か、ら。美しさというのは、もっと、
  なんちゅーか、内面から染みでるもんなんや」

u.k「ふ~ん」

i.k「いつも楽しい気分で笑っていられたら、それだけで人は
  何才も若返る事が出来るんや」

u.k「ふ~ん」

i.k 「どうや。わかったか?」

u.k「わかったよ。わかったから早く、若返って く・だ・さ・い!



つまり、そこか。




14:09 | 目撃!! | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Fri.

練習~練習~

そろそろ大学生は春休みに入る頃でしょうか。

教えに行っている大阪音大の生徒達も
今週、後期の実技試験を無事終えました。

試験で「無事」というのもへんだけど
講師としてはこの一年、自分が指導して来た成果が
試される場でもあるので、生徒と同じくらい緊張します。

音大のポピュラーコースは、担当のクラスだけでなく
ヴォーカル科ならヴォーカル科全員の実技を
学年担当の先生全員でみて、総合評価を出します。
一人の生徒の持ち時間は約2分弱。
試験用に先生と打ち合わせて決めた楽曲を
伴奏員のピアノに合わせて歌います。

いや~、伴奏員の方もね、
演奏のプロとはいえ、緊張されると思いますよ。
ミスタッチなんて絶対許されない空気ですから・・・
(私なら絶対無理

そして、始まった試験。

たいしたもんですね~。

半年前の前期試験とは見違える程、
みんな堂々と歌っていました。

もちろん入学してまだ一年(私は一年生担当)
技術面ではまだまだな部分はあるんですが
緊張をなんとか克服して、
試験とは言え、「人前で歌う」事の楽しさが
少しでも垣間みられたところに、
彼らの成長を感じました。

肩の力が抜けるという事は
少なからず自信もついてきたという事で、
ヴォーカリストにとってはそこが、
とても大事な事だと思うのです。

前にも書いたかもしれませんが、
自信を裏付けるのは練習と場慣れ(経験)しかありません。
多分他の楽器もそうでしょう。
そういった点でも、この半年間のみんなのがんばりが
成果として現れた事。嬉しかったです。

それと、私は就任まだ一年目なので
これがヴォーカル科の習わし?なのかどうかわかりませんが、
試験後、生徒達が自分の歌の評価とアドバイスを聞きに
担任以外の先生の所へも来るんですね。
「先生、今日の私の歌、どうでしたか?」

すばらしい。

歌が上手くなりたいという一心を
たとえその一旦でも支える身として
責任も感じた一日でした。


さて、私もアドバイスばかりしておれる身ではありません。
己自身もヴォーカリストとして切磋琢磨せねば。

久しぶりにステージに呼んで頂く事となりました。

来月2月22日(水)京都ライブスポットラグにて
「佐藤弘樹的生ラジオ」

大御所諸先輩に混じって「歌ってくれない?」と
佐藤弘樹様から大プレッシャーなご依頼を頂き、
こりゃ、練習しなと。。。
(自信の裏付けは練習練習練習~

まだ打ち合わせもこれからで、
曲も決定してませんが、
今年はジャズを歌いたいなと思っていたので
トライさせて頂けたら嬉しいです。
また朗読も初挑戦。
佐藤さんの胸を借りるつもりで頑張らせて頂きます。

きっと大人な時間になるとと思います。
よければみなさんも来て下さいね。


14:09 | お知らせ~ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Fri.

ものすごくうるさくて ありえないほど近い

いい映画に出会いました。

「ものすごくうるさくて ありえないほど近い」

トム・ハンクス&サンドラ・ブロックの初共演。
「めぐりあう時間たち」「愛を読むひと」の監督作品。
それだけでもう、期待大で出かけた試写会でしたが・・・。

本編終了後、試写室の小部屋で
一人スタンディングオベーション
・・・しようかと思ったくらい

予想を上回る素晴らしい映画でした。


父と子、母と子の 深い愛情と絆の物語。
そして立ち直る勇気をくれる物語。。。
私的にはあともう一つ、
親としての心得も学んだ映画でした。

それにしても
名優トム・ハンクス(父役)とサンドラ・ブロック(母役)はさることながら
主役を張った子役のトーマス・ホーン君、
これが映画初出演の新人とは思えない名演技。
おったまげましたー!

大好きなお父さんを失った悲しみや、やり場のない怒り、
抱えきれない喪失感とそれを埋めようとする健気さを
子供という立場で見事に表現していました。

役の名は「オスカー」。
是非とも今年のアカデミーオスカーは彼の手に渡してあげたい

あと、脇を固める俳優陣もいい味出してましたよ。


詳しくはまた公開前にC'sでご紹介したいと思いま~す。

「ものすごくうるさくて ありえないほど近い」
来月、2月18日ロードショーです!
21:38 | めぐりあい | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Fri.

ひとまずほっ。

あれよあれよという間に2012年も明けて2週間。
明日は飾納ですね~。

大吉と空の登り竜で清々しい新年を迎えた川島ですが、
ひとつ、昨年から持ち越した不安がありました。
それは乳がん検診の結果。

案の定、先週要検査の通達が来まして
今週再度、精密検査に行って来ました。

まあ、以前にも引っかかった事があるので
大丈夫だろうという気持ちも半分。

結果は・・・先生曰く、
「なんかここに、もやっと、あるんやけどな~。
 まあ、大丈夫でしょう。貴方はそういうおっぱいなんですね~。」

そういうおっぱい・・・って、どんなおっぱい?
だ、大丈夫なん?ほんまに?

と、新たな不安が芽生えなくもなかったけれど

ひとまず、ほっ。

先生のお言葉を信じ、
帰りはまた龍神様にお礼を言いに行ってきました。

病気の不安があってからではなく
日頃から健康である事に感謝しなくちゃいけませんね。

先日から娘の縄跳び練習に付き合ってます。
昔出来た二重飛びが出来なくなっていてへこみました。
健康維持、運動不足解消のため、当面縄跳び、
頑張ります!








18:18 | はぐくみあい | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Thu.

うちの父ちゃん

あけまして おめでとうございます!

みなさん、お正月はゆっくりされましたか?
私は昨年31日が仕事納めだったおかげで
今年は正月らしい正月を過ごせました。

「もう今年までやで」と毎年終焉宣言される父のお手製お節も、
なんとか無事元日に揃い、(お父ちゃんありがとう~)

1osechi

今年もちゃんとウルミン用お屠蘇(実は砂糖水だが本人は酒だと信じている)を
用意してくれました。

2otoso

恒例といえば、元日はいつも美しいお客様が来てくれます。

3katule
8年前、アフガニスタン復興支援のため
父の大学が受け入れた留学生のカトゥールで~す。
卒業後、アフガン状況が悪化したので帰るに帰られず、
現在某大学院生。
バイトをしながら日本での就職を目指し頑張ってます。

日本語もすっかり堪能になり、
母国に帰れない寂しさや
日本での一人暮らしのつらさなど
今年は初めて心を内を語ってくれ、涙ぐむシーンも。

震災の話に及ぶと
アフガンでは地震はないが「戦争」という人災が
毎日続いているんだと、寂しそうに語る姿が印象的でした。

そして帰り際、彼女にそっとお年玉を渡す父。
孫には一銭もないのに
これまた父「らしい」一幕。

らしいと言えば・・・









続きを読む
15:21 | はぐくみあい | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑